MENU
CLOSE
竹下 努

竹下 努 Tsutomu Takeshita

PROFILE
1986年長野県生まれ。中学校の恩師の影響で陶芸を志す。白い磁器土に黒い粘土を塗り、針の様な先の尖ったモノで文様を描くカキオトシ手法を使った器を中心に制作。
STYLE
サンマシリーズと同様に、白い磁器土に黒い粘土を塗り、針の様な先の尖った道具で模様を描くカキオトシ手法を使い、七宝文をデフォルメした草文を施した茶器を制作。模様は出来るだけシンプルに落ち着いた雰囲気に仕上げ、急須の形は茶葉が開き易い様に底の広い丸型にしました。金網茶漉し(かなあみちゃこし)ではなく、手作業で開けた焼き物の茶漉しを使用しているので、お茶に金属の臭いが付かずに美味しく頂けます。急須同様、煎茶碗も内側を白色にすることで、お茶の色を綺麗に楽しめます。

最新の作品

その他のセンパイたち